吹上高原キャンプ場へ行ってきました。

帰省先の福島から秋田へ帰る途中、宮城県大崎市にある、吹上高原キャンプ場へ寄ってきました。

 

こんにちは、スタッフのチエです。

 

ゴールデンウィークを利用して、実家の福島へ帰省。ゆっくりと羽を伸ばして、秋田への帰り道、スノーピークのキャンプイベント「Snow Peak Way」も開催される人気のキャンプ場、「吹上高原キャンプ場」へ寄り道してきました。

 

 

 

 

吹上高原キャンプ場


 

 

ここは、鳴子温泉郷近くの、四方を美しい山々に囲まれた広い広い芝生のキャンプ場です。

 

 

車の乗り入れもできるフリーサイト、電源付きのサイトや、ペットエリアもあり、キャンパー達の様々な要望に応えることのできる、懐の深いキャンプ場です。

 

 

敷地内には、手軽に食事のできるレストランやお土産も売っており、小さなお子様連れのファミリーキャンパーにもおすすめです。

 

 

 

温泉施設やシャワー室なども完備されており、使い勝手も良いのですが、近隣には、日帰り入浴もできる温泉施設もたくさんあるので、ちょっと足を延ばして湯めぐりを楽しむのもいいですね。

 

 

 

スポーツカイトを試したくて行ったものの、当日は、予想以上にすごい強風。

 

場所によっては強風にあおられて、設営途中のテントがひっくり返って吹き飛ばされそうになっていたり!

 

 

キャンプは自然相手の遊びなので、お天気次第で色々なアクシデントが起こるものです。防寒着や強風対策などの必要な装備を準備したら、あとは野となれ山となれ。何があっても「そういうこともあるよねえ~」とドーンと構えて楽しむのがいいですよね。

 

 

 

 

 

キャンプ場選びの目安は?


 

 

ところで、キャンプ場といえば、「初めてキャンプに行く場合、どこのキャンプ場がおすすめですか?」とお客様から質問されることが良くあります。

 

ファミリーで行くのか、ソロで行くのか。海がいい?山がいい?ペットも一緒がいい?

 

条件によっておすすめの場所は変わってくるし、初めて行く場所だと、どんなところか想像がつかないと装備も難しい。

 

 

 

 

そこで、私なりのキャンプ場選びの目安をご紹介。

 

 

まずは、「名前で想定する!!」

 

 

「〇〇山~」、「〇〇の森~」と、キャンプ場の名前に山や森が付くところは、標高も高く、木々がうっそうとしている可能性が高いので、防寒対策、防虫対策を最優先に準備をする。

 

 

「〇〇の丘~」、「〇〇の里~」の場合は、山よりは標高も低く、比較的街に近い可能性が高い。スーパーやコンビニなど、買い物は現地で用が足りそうだなあ、とか、子供連れだから、なるべく便利な場所がいいなあ、なんて場合はこういった名前の場所を選ぶ。

 

 

「星の見える〇〇」、「星座の〇〇」なんてキャッチコピーがつくところは、景観良く広々していてよさそうだけど、近隣に建物が少なく、照明や街灯が少ないことが予想されるので、ランタンやヘッドライトなど、照明器具をきちんと装備する。

 

 

先程ご紹介した、「吹上高原」など、「風」に関する名前は…ご想像どおり、強風が予想されるので、ペグは長くて丈夫な物で設営しよう、とか、場合によってはタープの設営は控えようかなあとか考えたりもします。

 

 

 

そして、キャンプ場へ確認!!

 

 

行き当たりばったりで行くのも面白いけれど、キャンプは自然相手の遊びです。

 

季節や天候、その日の体調も日々変化するもの。何度出かけても、想定外の事は起こるものです。

 

 

まだまだキャンプに不慣れな場合は、事前にキャンプ場へ連絡。管理人さんに場所や設備の確認をするだけでなく、環境を想定して、必要な装備をしっかりしていくのが良いと思います。

 

 

 

 

 

安心・安全に過ごせることが、楽しい時間を過ごすための大前提。

 

 

そして、想定外の事が起こるのも、また良い思い出になる!!

 

普段の状況とは違う「不便」を楽しむのがキャンプの醍醐味の一つともいえるでしょう。

 

シーズンは始まったばかり。いろんなキャンプ場へ出かけて、いろんな体験をしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る